発足の経過

  • 大正14年3月9日 高商第1回生及び追加卒業生含め、110名の高商第1回生が卒業し、大分高等商業学校同窓会が発足。
  • その後、昭和初期に同窓会の名称を「四極会」に決定。
  • 昭和32年5月5日、開校35周年記念四極会全国総会が開かれ、高商、経専、大学それぞれの同窓会が合併して現在の「四極会」が発足。
  • 平成20年12月1日、一般財団法人四極会として法人化。

「四極会」の名前の由来

「四極会」は、高崎山の古名である「四極山」にちなんで名づけられた。
古代、高崎山は、四極山と呼ばれており、開校記念歌の中にも「紫こむる四極山」と詠われていることからこの名前に決まった。

万葉集に「四極山(しはつやま)うち越えみれば笠縫(かさぬ)いの 島こぎかくる棚無し小船(おぶね)」と歌われているのも高崎山のことだとの説がある。

作者は、持統・文武天皇時代の宮廷歌人、高市連黒人(たけちのむらじくろひと)

卒業者数及び会員数

  • 卒業者総数 22,481人 (令和3年3月末現在)
    上野が丘キャンパス卒業者 6,963人 (31.0%)
    旦野原キャンパス卒業者 15,518人 (69.0%)
  • 会員数 全国 約11,857人 (消息不明者、物故者を除く)
  • 支部の卒業回別会員数(令和2年12月末現在)

支部数

45(うち県外、27 県内、11 職場、7)

主な活動状況

  • 四極会本部
    支部との連絡調整、周年事業の実施、会員名簿の管理、ホームページの開設経済学部との交流推進、母校への支援(寄付講座の開設、留学支援)
  • 四極会支部
    会員との交流、支部総会の開催、親睦会等独自事業の実施